ROLL IN
ロールイン

ロールインについて

ロールイン(ROLL IN)はアールやランプ、ボールなどのプラットフォームからR面に直接滑り降りるトリックです。コーピングにテールを掛けてR面を下るドロップ・インと比べて、速いスピードがつけられます。ロールインはフロントサイド(F/S)、バックサイド(B/S)に分けられますが、やり方はほぼ同じなのでこのページでまとめて解説します。

ロールインのHOWTO

アプローチ

F/SとB/S共にロールインする地点からある程度距離を取って、遅すぎず速すぎないスピードを付けます。ロールインする手前まではコーピングと並行に滑り、そこから垂直に近い角度までターンします。

スタンスはテールに後ろ足がある広めのスタンスが良いでしょう。後ろ足はオーリーのようにテールの端にある必要はありません。

着地点を見てテールを踏む

ターンを始めると同時に着地するR面を見て体勢と心の準備を整え、軽くテールを踏んで前方のウィールを浮かせはじめます。テールを踏むのはコーピングの出っ張りを超えるためで、簡単な段差から降りる感覚と同じです。

テールを踏みながらコーピング程度の小さな出っ張りを超える感覚が分からない場合は先にフラットで感覚を掴んでおきましょう。

体をR面に沿わせる

後ろのウィールがコーピングを超えるまでしっかりとテールを踏みますが、体はアール面に沿うように倒していきます。

着地

R面に着地するとき上半身がR面に沿っているとスムーズに着地出来ます。後ろ過ぎてもまくられてメイク出来ませんが、前過ぎると前に倒れ込む危険があるので注意しましょう。

イメージ出来たらトライする

ロールインはドロップ・インと同じく最初は度胸が必要です。ただしロールインはある程度のスキルが無ければ足が板から外れる恐れがあり危険です。ドロップ・インはもちろん、インターフェイキーアクスルストールなどである程度アールでの滑りに慣れてくると自然とやり方がイメージ出来るようになるので、そうなったら思い切ってトライしましょう。

十分なスキルがあれば数トライでメイク出来きます。怖がって中途半端になるのが一番危険なので、やると決めたら思い切って乗りに行きましょう。一度感覚が掴めれば自然と出来るようになってきます。動作が中途半端になると危険なので、注意を怠らないようにしましょう。

F/SとB/Sについて

フロントサイドとバックサイドの難易度はほとんど同じですが、人によってやり易いサイドが異なります。最初はやり易いと感じるサイドをトライしましょう。

最新NEWS

2024/05/5

【新入荷】CALL ME 917よりNEWデッキ

スケート界きってのファッションリーダー、ALEX OLSON(アレックス・オルソン)が手掛ける、CALL ME 917/NINE ONE SEVEN(ナインワンセブン)からもニューデッキが届きました! ブランド名はニューヨークの市外…

2024/05/5

【新入荷】ALLTIMERSよりNEWデッキ

NYCを拠点に活動し、コアな映像を発信し続けている、スケートの実力はもちろん、高いファッション性も相まって注目を集めた都会派コアブランドALL TIMERES(オールタイマーズ)よりニューデッキが届いています! メイドインメキシコの…

2024/05/5

【Little Tips】アクスルストール – 50-50グラインドの練習に最適

https://youtu.be/I0yEYAbb09o 縁石やボックスにオーリーで入り、板をロックしてアウトする、アクスルストール(フロントサイド)は、習得するとほとんど50-50グラインドも習得できたと言っても過言ではないく…