バックサイドビッグスピン
B/S BIGSPIN

B/S ビッグスピンとは

B/S ビッグスピンは、B/S180ポップショービットの複合トリックです。上半身はB/S180、下半身はB/S180+ポップショービットの回転をかけます。なので上半身は180°、デッキは360°回転する事になります。

B/S ビッグスピンのHOWTO

このトリックは浮かすタイプとそうでないタイプがありますが、今回はテールを弾いて浮かすタイプのものを解説します。

スタンス

スタンスはB/S180とほぼ同じで問題ありませんが、やりにくいようであればテール足をポップショービットがやりやすいスタンスで前足はB/S180より少し踵を出すくらいにすると回しやすくなります。

予備動作・構え・重心

進行方向に向かって肩を開き、B/S側に回転するための反動をつけます。デッキに対して肩が斜めに開いているイメージです。重心は前足の少し手前くらいに置き、ポップショービットの回転をいれるためテール足のつま先から親指の付根に力を入れておきます。

テールを弾く

このトリックの一番のポイントはテールを弾く方向です。画像を矢印を参考に、進行方向斜め前辺りに向かってテールを勢い良く弾きます。上半身はこの段階でB/S方向に90°くらい回しておきましょう。

キャッチ

回転してきた板をノーズからキャッチしにいきます。視線は常に前足を見つつ、そこにデッキが回ってくるように練習すると感覚が掴みやすいです。

着地

キャッチした後はそのままB/S180と同じ様に残りを回していきます。
B/S180の動きが体にしみ込んでいれば、自然と着地できるでしょう。

B/S ビッグスピンの練習方法

このトリックの練習方法は、まず何よりもB/S 180とポップショービットをマスターする事です。2つのトリックが完璧に出来れば、後は上半身はB/S180、下半身はポップショービット、と切り分けてイメージしながら練習する事で感覚を掴みやすくなります。

B/S ビッグスピンを極める

MIND FIELD – JOSH KALIS

B/Sビッグスピンは高さが出しにくく、物飛びやカーブトリックに応用するのが中々難しいのですが、今は無きALIEN WORKSHOPのJOSH KALIS(ジョッシュ・カリス)のパートのラストトリックで、レッジでB/S ビッグスピンからB/S テールスライドをメイクしています。

最新NEWS

2023/01/23

【創業からスケートボードのアイコン】TOY MACHINE

世代によって代表となるスケートブランドは様々ですが、今週のオススメは創立よりずっと変わらずスケートアイコンであり続けるTOY MACHINE(トイマシーン)。人気アーティストでありプロスケーターであるエド・テンプルトンが描く、ポップでキャ…

2023/01/23

冬の間に安定化 もの越えのオーリー

寒波も近づく冬本番。スケートボードの基礎ではあるけどめちゃくちゃ難しいオーリーの基礎を整えて春までにレベルアップしておきましょう!そんなオーリーを安定させて次に繋げるために不可欠な練習が、障害物を越えること。物越えに必要なのはスピード、視…

2023/01/19

【minihowto】降りる時がちと怖い アクスルストール

ミニランプやクォーターパイプで欠かせないトリックのひとつ、コーピング上に両方のトラックをロックするフロントサイドアクスルストール。バックサイドと比べドロップするアール面が背中側にあり見づらいので、動きに自信が要求させる、最初少し怖いトリッ…