TICK-TACK
チックタック

スケートボードに乗り始めて、乗る、降りる、プッシュなど、スケートボードに安全に乗るための基本動作を覚えたら、次のステージ「チックタック」に進みましょう。これがスムーズにできるようになると、よりスケートボードが体に馴染んできます。

チックタックとは?

チックタックとは、プッシュを使わずに、ノーズを左右に振ることで前進するトリックです。スケートボードの上に乗って完全に静止した状態から、ノーズ側のウィールを地面から離し、左右どちらかに勢い良く振りながら着地させ、次は逆方向に振り、また逆、その逆・・まるで旧式の時計の振り子のようにチックタック、チックタックと左右に振る動作を繰り返すことにより、勢いがついてどんどんスピードアップしていきます。

チックタックを見て何人かの方は、なぜプッシュで加速する方法を学んだのに、別の手段を学ぶ必要があるの? そもそもかっこ良くないと思うでしょう。実際スキルアップするにつれてチックタックの使用頻度は減り、最終的にはプッシュでスピードを付け、チックタックは全くといっていいほど使わなくなります。しかし、このノーズを上げて左右に降るりながら加速するというチックタックの動作は、スケートボードのバランス感覚を養うのに不可欠な訓練です。ターンやマニュアルの動作はもちろん、スピードの付け方や、無駄な動きの無いスケートボードの乗り方などを総合的に養え、結果として当面の目標であるオーリーに到達するための近道になります。なので必ず習得しておくことをお勧めします。

はじめは思うように前に進むどころか、後ろにバックしてしまうことすらあります。しかし少し練習すれば、おそらく数日でマスター出来るので、スケートボードの最初の試練だと思って練習してください。

チックタックの仕組み

そもそもチックタックは何故プッシュしないで前に進むことが出来るのでしょうか?

ノーズを左右に振るだけで前進するなんて不思議な話です。その答えは、上半身の先行動作にあります。チックタックで前進する力は、ノーズを浮かせて振る直前に、上半身を同じ方向に振り、この勢いを着地したウィールに込めることにより生まれます。更にこの上半身の力は、2回目の方が逆の方向に体をひねる時に生まれる反動を利用するので、1回目の振りから得られる力より大きくなります。

この上半身の先行動作と、ノーズを上げ、左右に振りながら地面に下ろす動作をタイミング良く繰り返すことにより、止まった状態からどんどん加速することが可能になります。

チックタック HOW TO

スタンス

スケートボードのトリックには、それぞれデッキ上での足の置き方があり、この足の配置のことを「スタンス」といいます。チックタックの場合、後ろ足はテールを踏んでノーズを浮かせるため、テールの先端部分に置き、つま先側に少し力を入れておきます。前足は、ノーズ側のビスの上辺りにかまえ、足の裏全体に力を入れておきます。

スタンスを決める際に重要なことは、重心がデッキの真ん中にあるかどうかです。重心がデッキの中心からズレたり、バランスが崩れデッキが左右に傾いたりすると、スケボーのほとんど全てのトリックは上手く出来ません。きちんと重心を意識し、デッキの中央付近の決めた位置からあまり動かさないようにしましょう。これらの条件を満たし、かつ自分が最も安定感を感じることが出来るスタンスを見つけましょう。

先行動作

完全に止まった状態から、ノーズを最初に降る方向に向かって、上半身を45°くらいひねります。半分くらいひねったタイミングでテールを踏み、ノーズを上げます。

上半身をひねる

上半身の先行動作により、ノーズは半自動的にひねった方向に振られるので、そのままウィールを地面につけてください。うまくいくと少しだけ前進します。その間上半身は反対側へひねるため、軽く反動を付けます。

反対方向に上半身をひねる

反動がついたら、すかさず反対側に上半身をひねり、それに合わせて再びノーズを上げて同じ方向に振ります。止まった時よりひねる角度が大きいので、さらに勢いがつき、その分スピードがつきます。

あとはこの動作をタイミングよく繰り返すと、どんどんスピードアップしていきます。上半身を振ることで付けられる勢いには限界があるので、危険なほどスピードは上がりません。
意識せずにチックタックである程度のスピードまで加速出来ればOKです。

【お知らせ】NollieSB 推奨ブランクデッキ

nolliskateboardingが推薦するショップ「輪生む」で取り扱っているブランクデッキはカナディアンハードメープルを使用し、アメリカでプレスされた高品質なものです。これらのブランクと業界内で最も信頼されているトラック「Venture」を組み合わせた「コンプリートセット」もリーズナブルな値段でオススメです。

チックタックの練習方法

最初は小石などが落ちていない、なるべくスムーズで安全な路面の広い場所で練習することをおすすめします。チックタックは上半身の振り方とデッキへの力の加え方が正しければ、ゆっくりな動作でも前進します。はじめは細かい動きに意識しながら、動画を参考にし、ゆっくりとタイミングを掴んでいってください。慣れてきたら、テンポやノーズにかける力を上げてみましょう。更に加速出来るはずです。

チックタックをマスターしたと思ったら、仲間と一緒に競争して遊んでみましょう。色々な遊び方を生み出して遊ぶことがスケボー上達の一番の近道だったりします。まずはこのチックタックでスケボーを思い切り楽しんでみましょう!

最新NEWS

2023/09/29

【新入荷】BONES X-FORMULA 97

路面に合わせたパーフェクトな設計で玄人スケーターの心を鷲掴みにする、ウィールブランド BONES WHEELS(ボーンズ)より、10年の歳月をかけて開発した新素材使用モデル、X-FORMULA 97が登場! コンセプトはどんな路面に…

2023/09/29

【minihowto】テールストールからのオーリー

縁石などにテールを固定して立ち、そこからオーリーをしてアウト(ポップアウト)するこの技は、ストリートでのバンクインや、スライドからのフリップアウトの練習など、意外とさまざまな練習に使える技術です。テールを固定しているので、オーリーの必須動…

2023/09/28

【新入荷】INDY TRUCKS 最新モデルSTAGE4

ハードコアスケーターに絶大な支持を受ける、INDEPENDENT TRUCKS(インディペンデント)より、名機をリニューアルした最新モデルSTAGE4(ステージ4)届きました! クイックな反応と深いターン性能、美しいハンガーデザイン…