F/S NOSE GRIND
フロントサイドノーズグラインド

50-50、5-0など、カーブトリックの基本を習得したら、ノーズグラインドにもトライしてみましょう。

F/Sノーズグラインドについて

フロントサイド(F/S)ノーズグラインドは、お腹側にカーブがある状態でエントリーし、ノーズ側のトラックだけでグラインドするトリックです。

F/SノーズグラインドのHOWTO

F/Sノーズグラインドの習得に欠かせないのは、オーリーtoノーズマニュアルのスキルです。カーブトリックなので若干斜めからのエントリーになりますが、それ以外はオーリーtoノーズマニュアルと大差ありません。このトリックに挑戦する前に習得しておきましょう。

F/Sノーズグラインドのアプローチ

スタンス、アプローチは50-50や5-0グラインドと同じです。適度なスピードでトラックを掛ける位置を見ながら斜めにアプローチしましょう。

F/Sノーズグラインドのエントリー

エントリーの際にノーズを正確に掛ける動作は、50-50や5-0グラインドを取得していれば直感的に出来るでしょう。ノーズグラインドの難しさは、ノーズに体重を乗せすぎて詰まってしまう事です。

これを避けるには前方に軽く押すように力を加えましょう。この時重心はデッキの中心よりやや前にあります。この動作はオーリーtoノーズマニュアルと良く似ています。

グラインド

うまくグラインドしたら、前足でノーズを軽く前方に押し続けながら、ノーズマニュアルの要領でバランスを保ちます。

アウト

ノーズマニュアルのアウトのようにノーズを前足で軽く押し出してアウトします。

・ミドルアウト
ノーズグラインドのミドルアウトは非常に難易度の高い技術で、アウトの瞬間デッキをカーブの内側に傾け、斜めにはねるようにアウトします。5-0や50-50とは違い、直感的にアウト出来ず、かなり安定したノーズグラインドを習得している必要があります。このHOWTOは機会があれば別に出したいと考えています。

F/Sノーズグラインドの練習法

F/Sノーズグラインドに関しては、50-50やオーリーtoノーズマニュアルが出来ればそこまで苦労せずにメイク出来るはずです。ただ、5-0と同じく、レールやレッジなどのビッグセクションになれば難易度は高くなります。

カーブで習得出来れば次はレールや小さな角度のあるレッジなど、どんどん違う場所で熟練度を上げていきましょう。

最新NEWS

2024/06/13

【新入荷】EMERICAの鉄板スケートシューズ

発足当時からのロック路線を貫き、デザイン性の高さとスケーター専用に設計されたスケートシューズとしての性能が魅力のシューズブランドEMERICA(エメリカ)より 足への負担を極限まで抑える、高耐久のハイエンドモデルシューズが続々入荷中…

2024/06/13

【新入荷】バリ島発のスケートアパレル TELEVISI STAR

インドネシア・バリ島で発足された新進気鋭のアパレルブランドTELEVISI STAR(テレビジスター)のパンツがオンラインに入荷しました! TELEVISI STARの魅力はバリ島で一つずつハンドメイドで作られているアパレルのクオリ…

2024/06/13

【Little Tips】キックフリップ・ボディバリアル – 蹴り抜いて入れ替え

https://youtu.be/wn_4i9o4TcM キックフリップ・ボディバリアル(セックスチェンジ)は、キックフリップ中に足を前後に入れ替えてスイッチの状態で着地するトリックです。意外と使い所があり、キックフリップに慣れ…